*

携帯決済の現金化とクレジットカードの現金化の違い

携帯決済の現金化とクレジットカードの現金化はどちらも一つの商品券やサイトを経由してお金に交換する仕組みですが、大きな違いが一つだけあります。それは、合法か違法かという法律的な観点からの違いです。換金率にも大きな違いがありますが、違法な行為は逮捕される可能性があるのです。逮捕は大袈裟ですが、クレジット会社からお金を借りて商品を購入し、その商品を現金に交換するシステムは換金率に大きな影響がでて、現金化した人は多額の借金を背負うことですが手元に残るお金は少ししかありません。換金率が80~85%だからです。換金率や現金化できるサイトはこちらのサイトが詳しく記載しますね。携帯決済を換金できるサイト。それにくらべて携帯キャリアの現金化は携帯会社からお金を借りてアマゾンギフト券を購入し購入したアマゾンギフト券を専門のライフネットやFUJIサービス、ギフティッシュなどに売ります。換金率は高額換金ができるので92%以上で新規なら95%の高換金率です。そのような感じですので、クレジットカードの現金化サイトは利用しないで、携帯決済でPINCOMでアマゾンギフト券を購入し専門の買取サイトで現金化をすすめます。

タグ :


コメントする


ショッピング

ファッション

暮らし